使う前に知っておくととても便利!アロマシャンプーについての豆知識について解説

このサイトでは、使う前に知っておくととても便利なアロマシャンプーについての豆知識について紹介していきます。
良い香りのするこのタイプの製品ですが、動物に使ってはいけないことがあるのはあまり知られていないかもしれません。
又、多種のハーブや植物などが配合されているため髪の毛のあらゆる悩みに関して解消できる可能性がある特徴もあります。
ここでは、髪の毛に悩んでいる方にとって有益な情報をわかりやすく説明します。

使う前に知っておくととても便利!アロマシャンプーについての豆知識について解説

アロマについて知識がある方は、シャンプーに含まれている成分についても詳しいかもしれません。
近年、以前ような合成の香りではなく天然のエッセンシャルオイルが配合されたタイプのシャンプーが世界中で流行しています。
美容や健康に意識の高い人にとって、頭皮や髪の毛は顔と同様に大切に扱いたい部分です。
アロマオイルが配合されていることで、リラックスやリフレッシュや幸せな気持ちになれるなどの効果が期待できるのが魅力です。

アロマシャンプーは使うごとに内面も外面にも良い影響を与えてくれる

アロマシャンプーの魅力は、アロマテラピーによるリフレッシュ・リラックス・癒し効果と頭皮環境改善・美髪効果がもたらされ、内面にも外面にも良い影響があり使い続けるほどにコンディションがアップするところです。
シャンプーを選ぶ際は香りを重視すべきです。
アロマテラピー効果が得られたとしても、好みではない自分に合わない香りだとせっかくの癒し効果が半減してしまいます。
ラグジュアリーで華やかなフローラル系が好きな方にははっきりとした香りが広がるローズが最適ですし、万人受けするシトラス系が好きなら、ベルガモットやグレープフルーツやレモングラスなどフレッシュな柑橘系配合タイプを選びましょう。
オリエンタルなイランイランや重厚感漂うシダーウッドは精神が落ち着きますし、ローズマリーやユーカリやスペアミントやペパーミントはクール感がありスーッとして爽快感があります。
その日の体調や気分によって香り選びが出来るように、いくつか常備しておきましょう。

アロマシャンプーには白髪を無くすシャンプーがある?

アロマシャンプーには白髪を無くすシャンプーがあり、様々な年齢層での利用がされています。
ヘナと呼ばれる植物の天然由来の成分は毛髪に浸透して白髪染めの効果を発揮するということが知られていて、昔からよく利用されてきました。
継続的に利用していくことで徐々に染まっていく特徴もあり、肌への刺激も少ないため特に敏感肌の人に愛用されています。
もちろんほかの天然成分と組み合わせることで頭皮に潤いを与え、健やかな状態に保つことを実現したりフケなどが出にくい環境にしたりするなど配合方法によって様々に変化します。
特有のにおいが気になる場合もこのヘナを利用して様々な自然の香りにしていくことで気持ち良く利用できるという点も、メリットと言えるでしょう。
デメリットとしては化学合成物質が含まれている石油由来の製品と比べると、金額が高めな点が挙げられます。
一方の安価なものでも日本のものは安全性が確認されているため、選択肢にはなりえます。

アロマシャンプーを妊娠初期に使用してはいけないのは興奮作用があるため

アロマシャンプーは良い香りでリラックスすることができますが、妊娠初期には避けた方が無難です。
アロマシャンプーに入っているものは、希釈されていると言っても香りの強さに関係なく効果を発揮すると考えた方が良いとされています。
安定期に入ったら使用できるものもありますが、興奮作用があるほか、女性ホルモンに作用して排卵刺激を促すものや、子宮の中のものを出してしまう通経作用のあるもの、神経毒性の強いものは胎児の脳の発育に影響を与えてしまう可能性が考えられます。
様々なものがありますが、具体的な種類としてはクミン・クローブ・シナモン・ジャスミン・ジュニパーベリー・スペアミント・ラベンダー・セージ・ゼラニウム・ディル・ナツメグ・バジル・パセリなど、様々なものが挙げられます。
使用する際には、安定期に入ったとしても必ず医師に相談した上で利用することが大切です。
家庭でどうしても使いたい場合には、シャンプーは避けて芳香浴程度の使い方をすることを心がけます。

アロマシャンプーを肌がデリケートな幼児に使う時は表示を確認すること

アロマオイルが配合されており、低刺激で頭皮や毛髪に良いとして人気が高くなっているアロマシャンプーですが、幼児に使用する際には配合されている成分の表示を確認することが大切だと言われています。
赤ちゃんは大人と比較しても髪の毛の量が少なく、肌や頭皮は非常にデリケートな状態です。
そのためシャンプーに配合されている石油系界面活性剤など洗浄成分が強いタイプだった場合、乾燥や肌荒れなどのトラブルを引き起こす原因につながるので、必ず低刺激のアミノ酸系が使用されているかをチェックしましょう。
また肌がデリケートな1歳から1歳半までは、出来るだけ無添加・低刺激のベビー用シャンプーを使うようにし、2歳以降からは大人と同じものを使っても問題はないと考えられています。
使用されているエッセンシャルオイルによっては、強い香りに慣れていない子供には向かない場合があるので、香りが強すぎないハーブ系のエッセンシャルオイルが使用されているものを選ぶようにしましょう。