アロマシャンプーを動物に使ってはいけない場合もある

アロマシャンプーを動物に使ってはいけない場合もある

アロマオイルを配合したシャンプーは良い香りがするのはもちろん、香り成分が天然由来のものということもあり、ペットに使用したいという方も多いです。
ただ、香りが強いものもあるのでペットに使うと、ストレスに感じてしまうことも少なくありません。
ワンちゃんは嗅覚が非常に優れているので、強い匂いでストレスになってしまう危険性があります。
ワンちゃんの臭い対策として香りの良いシャンプーを使用したいと感じてしまいますが、負担を考えると無香料でペット専用のシャンプーを選ぶのがおすすめです。
特に猫ちゃんにアロマオイルを使用するのは厳禁と言われています。
猫は犬とは違い植物由来の成分を、肝臓などで分解する機能が備わっていません。
また自分で体をなめる習性があるので、どんどんオイルの成分を体内に入れてしまいます。
すると分解できない成分が体の中に蓄積し、最悪の場合は命を落としてしまう危険性もあるようです。
猫には絶対に使用しないようにしましょう。

シトラスオイルのアロマとシャンプーの効果

手作りシャンプーに組み合わせられるアロマは様々なものがありますが、日本人に特に人気なのがシトラスオイルです。
オレンジスイート・レモン・ベルガモットなどが一般的な種類で、その甘酸っぱい芳香はフローラルほど甘すぎず、ハーブほどすっきりしていないためシャンプーにも最適な香りと言えます。
シトラスオイルは、気持ち明るく前向きにリフレッシュしてくれる効果があり、ストレスを緩和する作用が期待できます。
これはリモネンという神経を活発する成分の働きで、ボディケアにもおすすめのオイルと言えます。
一言でシトラス系のオイルと言っても香りによって効果は異なります。
オレンジスイートは、血行を促進して老廃物を排出し、肌の状態を整えて毛根を刺激して育毛にも役立ちます。
レモンは脂っぽい頭皮のケアにおすすめの香りです。
頭皮環境を整えたい、頭が脂っぽい匂いがするときなどのケアに向いています。
ベルガモットはストレス性の肌トラブルを改善するのに役立ち、脂質性の肌のケアにも有効です。